MENU

prologue

主人公は夢を見る……

世界が軋むような爆音と逃げ惑う人々
廃墟と化した赤い空に伸びた近代的なビルの間から
巨大な影が現れる

それはいるはずのない伝説の生物――ドラゴン
気がつけば現実にいるはずのない
モンスター達に囲まれている

そして、主人公をかばうように立ちふさがる、
髪の長い、剣を携えた少女――

目が覚めるとそこは花畑だった
夢とはまったく真逆の古めかしい光景
激しい違和感と衝撃が主人公を襲う

「俺は……いったい誰だ?」

自らに関する記憶が全く呼び起せない
記憶を覆い隠す霧を振り払うように頭を振る
茫然と顔をあげると
自分が黒い影に囲まれていることに気づく

それは――人の形をしながら
およそ人と呼べるものではなかった

恐怖で固まる身体と停止する思考
それを現実に引き戻したのは、
この世のものとは思えない断末魔だった
黒い影の異形が次々と舞うように灰燼に帰していく

終焉にただ独り立っていたのは
息を飲むほどの恍惚を瞳に宿した一人の少女だった

彼女の名は『ティルフィング』
どこか夢の少女に似ていた――